Internships and Career

インターンシッププログラム、またはブリッジブルーのメンタープログラムを利用すれば、学校で机に向かうだけの勉強から現実の世界へ飛び出していくことができます。また、この経験はあなたに適した職業を見つける手助けとなったり、将来のキャリアを考えるうえでもとても有効です。
メンタープログラムは積極的な若者を支援し、社会学習、トレーニング、雇用へと導きます。
これらのプログラムは若者の将来への展望を啓発する手助けとなり、学習やトレーニング、キャリアの達成をサポートします。

私たちはまた、プレイスメントプログラムを通して企業でのインターンの機会も提供しています。
現在学生の方、最近卒業をされた方を対象にビジネスマンへと移行するための技術を身に着けることを目指しています。また、雇用する側の観点からいうと、一般的なビジネス環境で働いた経験を持っていることはとても歓迎されます。
就職活動は競争の激しいものですが、もしもあなたが就業経験を持っていれば、他の候補者に大きく差をつけることができます!

インターン生の採用はどの業界においても有益となり得ます。

  • 学生のインターン生はモチベーションが高く、生産性の向上につながります。若く、活きいきとして自分たちの能力を証明しようと頑張ります。
  • 生産性の向上 – インターン生の導入は、オーバーワークを軽減することができます。彼らは通年勤務可能で、事業達成の加勢となることができ、既存のスタッフのサポートとして機能するでしょう。
  • 新しいアイデアや視点 – 彼らは教育を通じて学んだ知識や技能をもたらし、他のスタッフや作業環境をよりよくする新しいアイデア、洞察力、処理能力を持っています。
  • 未来のスタッフの発掘 –  インターンシップは将来のスタッフを見つけるのにとても有効です。会社は雇用前に個人のスキルを確認することができ、優秀なインターン生は会社を成長させる優秀なスタッフとなり得ます。
  • マネジメント能力の向上 – インターン生への指導を通じて、スタッフは指導者やスーパーバイザーとしてのスキルを向上させます。インターン生の受け入れることは、インターン生と企業の相互の成長、重要なスキルの構築といった利益をもたらします。
  • インターンシップは雇用者側が最も必要とするスキルを形成、定着させる機会となります。
    インターン生達はまだ若く、勉強もしなければならないので仕事能力を向上させるチャンスがありません。
  • トライアル期間として – インターンシップを通し、企業側はインターン生の能力を知った上で、正規雇用への検討が可能です。これにより見知らぬ候補者を雇用するよりもリスクやコストを軽減することができます。
  • 社会への還元 – インターン生を受け入れることは教育への貢献となり、企業イメージにも利益となります。
  • 低コスト労働力の活用 – インターンは安価であり、彼らの給与は正規スタッフよりも低いか、または無償での就業も吝かではありません。賃金条件は控えめでありながら、最も意欲的に取り組みます。
  • 学生のサポート –学生にとってインターンシップとは経験・技術の向上、履歴書の強化や、業界についてを知る機会となり、非常に多くの利益があります。
  • もちろん、経済的に不利な学生にとって有給でのインターンシップは大歓迎です。
インターンシップ
メントーニングプログラム